解決できる課題

集合研修でなくても、しっかり時間をかけて深い学びを追求したい

働き方の多様化によって多くの企業や組織において、従来型の集合研修ではなくeラーニングなどを活用した研修などの社員育成の取り組みが実施されています。また、社員の育成課題に合った研修メニューを選択できるように幅広いラインナップのeラーニングを用意している企業もあります。しかしながら、eラーニングでの学びについては次のようなお悩みをよくお聞きします。

・一方通行の内容を受け身で視聴するだけで、スキルがなかなか身につかない
・そもそも流し見するなど、きちんと視聴して理解することにつながらない

そこで、プレセナのeラーニングは、受講者に考えさせて深く学ばせるための仕組みを用意しました。
受講者は動画の講義を視聴後に、自分の考えや回答を回答ボックスに入力する必要があるため、自ら考えることを促すことができます。また、受講者はよくある回答例との比較を通じて自分の思考のクセや強み弱みを把握することも可能です。さらに、研修事務局は受講者全員の進捗や回答内容を一覧で管理することができるため、個別のフォローが可能となります。

このように、eラーニングであっても、個々の課題や理解度に柔軟に対応しつつ、深く学ばせる仕組みを構築していることがプレセナのeラーニングの特徴です。

導入事例

01-01 新入社員や若手社員の在宅学習でもしっかり学べるeラーニング

ベーシック版

ライト版

パーソナライズド版

→この事例の詳細を見る

01-02 密度濃く学び、自分の特徴を把握できる事前学習

ベーシック版

パーソナライズド版

→この事例の詳細を見る

当サービスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。