解決できる課題

人材育成戦略の立案や採用・任用の判断のために、ビジネススキルを測定したい

個人のスキルの可視化や定量化は多くの企業において人材マネジメントの重要な課題の一つとして認識されつつあります。また、個人だけでなく部署や組織全体の特徴や傾向を把握する組織診断の領域において様々なアセスメントを導入する潮流もありますが、次のような課題が良く挙げられています。

・昇格や採用、任用において、定性的な情報だけでは、客観性に不安がある
・業務関連の知識や自社組織への理解は自前で把握することができるが、ビジネススキルを測定することはできない

プレセナのビジネススキルアセスメントは、単に知識の有無を問うものではなく、ビジネススキルに関する思考力や知識の実践的な活用度合いを、定量的に把握できるように設計されています。

すべての設問の選択肢がラーニングポイント(LP)に紐づけられているため、なぜ正答なのか、なぜ誤答なのかについて、統一的かつ客観的な基準で測定することができます。そのため、点数の結果だけでない受験者への丁寧なフィードバックが可能であり、受験者が自身の強み弱みを把握することができます。さらに、個人の特性だけでなく、組織内の特徴や傾向を他社比較や経年比較などを通じて、定量的に分析するツールも用意しています。

導入事例

04-01 グループ社員のタレントマネジメントのデジタル化

アセスメント

カスタマイズ

→この事例の詳細を見る

04-02 コース研修の事前のスキルチェックと事後の効果測定

アセスメント

→この事例の詳細を見る

お客様の声

アセスメントと事前学習の組み合わせで、 効果的に「思考力」を鍛える

日本電産株式会社

ベーシック版

アセスメント

→お客様の声の詳細を見る

当サービスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。